コケナワ 池田奈桜さん【MZ Voice 4月ゲスト紹介】


MZ Voice4月ゲストは、コケナワ 池田奈桜さんです。


【ゲスト:株式会社コケナワ 池田奈桜さん/1996】

人事コンサル/防災用品販売などを行うベンチャー企業、株式会社コケナワでお勤めの池田さん。四日市出身で、前職はなんと旅館の仲居さん!


高校時代に三重県菰野町に魅せられて、もっと菰野の良さを伝えたい!と、飛び込んだ観光の世界。

旅館・仲居文化を世界に広めたい!という想いのもと楽しい、好奇心旺盛を大切に色んな事に全力で取り組んでいます。


↓↓池田さんがコケナワにて携わる「ぽけっトイレ」↓↓

https://pocketoilet.com/



【ラジオ#37】「やらなきゃいけない」って楽しくない!本音で女子トーク(0407)


第1回では、池田さんがコケナワで取り組まれるポケットイレという防災グッズについて、お聞きしています。もともと、防災に関心がなかったという池田さん。防災グッズの開発は、あくまでの仕事の業務に過ぎなかったといいます。現在も、「なぜ防災は必要のか?」という問いと常に向き合っています。「防災は楽しい」ものであってほしいと思いながら、防災推進活動を拡げています。



【ラジオ#38】Z世代「しごと」の捉え方/週休2日VS週休3日!(0414)


第2回では、働き方について。自分はなんでこの仕事をしているのか?ということを常に考えるのが、Z世代なのではないかという池田さん。前職の旅館業では、旅館だけで働く閉鎖的な空間で、仕事の可能性の限界を感じていたといいます。しかし、昨今のリモートワークの広がりで、仕事の可能性が拡がることを期待していました。


また当時話題に上っていた、週休3日制の導入について議論しています。週休3日で給与を減らし余暇を増やすことに、Z世代がどのような考えをもったのでしょうか。



【ラジオ#39】結婚ってしたい?「仕事辞めてほしい」と言われたら?(0421)


第3回は結婚観について。「男性は外、女性は内」という男女感がいまだに残る日本。それに対し、Z世代の女性はどのように考えているのかを考えています。池田さんは、家庭に入って家事・子育てをすることも、女性のキャリアの積み重ねであるという言葉を忘れないように留めていました。家庭に入り、仕事と距離をとることで、自身と向き合う時間増え、新たなキャリアへ繋がる過程であること目指していました。



【ラジオ#40】理想の家庭像は〇〇から?女性のキャリア復帰は広がる!?(0428)


第4回は将来の家庭像について、なにが理想的なのかを議論しています。

自身の育った背景を重ねて、それぞれに理想がありました。

その中では、近年の離婚率の上昇に触れています。「3組に1組が離婚する」という社会課題をどうするか考えます。離婚することで、一時的に仕事から離れていた特に母親は、再就職に苦労し、子どもの教育にも影響しているのが実態です。このような問題にどのように目を向けていくべきなのでしょうか。



【ラジオ#41】4月ゲスト総集編(0428)



執筆者(編集者)コメント

 今回のゲストは、コケナワ 池田奈桜さん。印象的だったのは、防災グッズを開発する姿勢です。「自身は、もともと防災に関心はなかった。しかし、関心がないというところも大事にしたい」とお話されたのは、どの仕事をするうえでも、ある種大事な意識なんだろうなと思います。関心がある人は、それに対して視野が狭くなってしまい、あらゆる可能性を考えることができなくなってしまう。しかし、反対の意見をもつ価値観(関心がない)を備えていれば、どうしたら関心の和を拡げられるかというヒントがつかめるかもしれません。多様なメンバーでチームを組むことを推奨される昨今です。池田さんが、その理由をわかりやすくまとめてくださった気がしています。


 結婚観についても、話をしています。池田さん自身は、仕事を辞めて家庭に入ることを受入る準備はあるといいます。しかしそれは社会と切り離されるようなネガティブなものではなく、家庭にはいることも自身のキャリアの一部であるという価値観を大事にされていました。これは、リモートワークの普及で自宅からも仕事ができる環境に育ったZ世代だからこそ、自宅で育児も仕事も行う発想が受容されやすくなったのでしょうか。


 実は、このラジオには反響をいただきました。第40回放送で、「女性がもっと頑張らないと!」と話がまとまった際、男性である筆者が「間違いない」と発してしまいました。もちろん、そのときの話題の雰囲気などで、そういうコメントをさせて頂きましたが、あとで、視聴者の方にコメントをいただき、「女性は頑張っていないわけではない、そこは男性も頑張って、女性の立場について議論しないといけないだろ!」と指摘をいただきました。もうその通りで、なにもいえませんが、このラジオをきっかけに、自身の価値観の変化があったことは間違いありません。このラジオを通じて、筆者も学んでいくことばかりです。


 

Dream3.0では、それぞれの環境や組織で奮闘する「三重のZ世代」をエンパワーし、あるべき理想の姿をとことん語り合うYouTubeチャンネル「MZ ボイス」をスタートさせました。


チャンネル登録よろしくお願いいたします!

MZボイス


また、Z世代に関する講演、セミナー講師、社内研修のご依頼も承っております。

お気軽にご相談ください。


ご相談・お問い合わせはこちらのページ最下部から


「つながりを創る」

若者と地域をつなぐマーケティング企業

==========

株式会社Dream3.0

〒510-0074

三重県四日市市鵜の森1丁目1番19号太平洋鵜の森ビル4F

==========